中関村の今〜拡大版「中国のシリコンバレー」とそこで働く人たち〜

中関村を大解剖!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Makoto Yoshikawa 吉川真人(@shenzhenmakoto)がシェアした投稿

こんにちは、こじらせ女子(@icotaku_utgirlです。
Chi2ese NEWSでは初投稿になりますが、普段は中国のブロックチェーン産業や、各国の仮想通貨規制、そしてブロックチェーンが既存の国際秩序に与える影響といったテーマで、個人ブログや外部メディア・サロンで記事を書いています。
こちらでも主に中国の経済やビジネス、社会などについて書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

 

数々のユニコーン企業を輩出する拡大版中関村

引用: girlydrop

中関村と言えば、北京市北西部、北京大学や清華大学に隣接したITスタートアップの集積地として有名である。元は1980年代から日本の秋葉原や深センの華強北のような電気街が発達、1988年に新技術産業開発実験区として政府から認定を受けて以来、ハードウェアの時代からソフトウェアの時代に至るまで北京、そして中国のテクノロジー産業発展の先端であり続け、「中国のシリコンバレー」との異名も持つ。

そんな中関村であるが、今や元祖中関村エリアに止まらず、北京全域に広がっている。北京市内で合計16か所、合計488㎡ものエリアが「中関村サイエンスパーク(中関村科技園)」に指定され、元祖中関村エリアで施行されたのと同様の優遇政策により、企業や人材の誘致が行われている。中関村サイエンスパークは2006年より拡大をはじめ、今では元祖中関村を含む海淀園をはじめ、市街地(環状6号線内部)に6か所(東城・西城・朝陽・豊台・石景山・通州)、そして市郊外に9か所(門頭溝・房山・顺義園・大興-亦庄・昌平・平谷・怀柔・密雲・延慶)に分布している。

2017年時点で、16のパークに入居する2万の企業のうち、上場企業は320、ユニコーン企業は70にものぼる。同年のデータによると、中国のユニコーン企業は164社存在するため、そのうち4割以上が中関村サイエンスパークに存在するということになる。その中にはDidi Chuxing(タクシー配車)、Meituan(フードデリバリー)、ByteDance(ニュースアプリJinri Toutiaoや動画SNSのTikTok)など、今や中国を代表する存在となった企業も含まれている。

参考:“独角兽”一半来自中关村 滴滴出行市值超过小米(搜狐)

 

中関村の繁栄を支える「起業基地」と優遇政策

 

この投稿をInstagramで見る

 

Elvis Yu(@elvis.yu)がシェアした投稿

パーク内には格安の賃料で使用可能なシェアオフィス、そして大手企業やベンチャーキャピタルが出資するインキュベーション施設が数多く存在する。高等教育機関の付近には、産学連携の研究室やインキュベーション施設も多く、若い学生起業家の姿も見られる。特に清華大学や北京大学をはじめとするトップスクールが優秀な人材を輩出し、中関村サイエンスパークでのイノベーションを支えている。

清華大学構内にある清華科技園(TusPark)。北京の大学には必ずと言っていいほどこのようなサイエンスパークが併設されている。(TusPark HPより)

 

 

パークでは起業家や創業したばかりのスタートアップのみに止まらず、事業・人員とともに拡大期にある中小企業や産学連携の研究所に対しても様々な特典が用意されている。市政府による審査に企業や研究所、またはプロジェクト単位が合格すれば、以下のような優遇政策を受けることができる。

  • プロジェクト単位での事業資金の援助
  • 産学連携の研究所に対する研究資金の援助
  • 特許出願の費用援助、特許認可に対する報酬
  • 無利子の事業ローン提供
  • 特区内の企業に投資を行うファンド・ベンチャーキャピタル、および特区内の企業を顧客に持つ会計・法律事務所に対する報酬
  • 証券取引所上場費用の援助

情報通信、バイオテクノロジー、航空宇宙など、国家の重点産業として指定された領域で一定の実績を収めた企業に送られる称号である「高新技術企業」に認定された企業およびそこで一定以上の職位を持つ職員には、さらに以下のような優遇が用意されている。

  • 企業所得税(日本の法人税に相当)の軽減
  • 付加価値税(日本の付加価値税に相当)の軽減
  • 職員個人の所得税の軽減
  • 市内の大学や研究機関を卒業した者に対し、北京市の戸籍を付与
  • 職員の子女に対し、北京市内の小中高等学校への入学権、北京市からの大学受験(高考)参加権を付与
  • 住宅購入資金の援助

注目したいのは、北京市戸籍の取得や子女の教育、住宅購入でも優遇を与え、北京市への定住を促している点だ。

戸籍の移動が厳しく制限されている中国では、地方出身の者が大都市・北京の戸籍を取得することは容易ではない。そんな中、市内の大学を卒業し政府が認定したテクノロジー企業に勤め出世ができれば、北京の戸籍を獲得し、北京の学校に子女を通わせ、不動産購入時にも資金面の援助が得られるのである。

子女の教育については、北京の中等教育機関の教育水準は全国でも高い水準にあるうえ、北京大学や清華大学といった市内の大学は北京市からの受け入れ人数を多く設定しており、地方から参加するよりも名門大学に合格する可能性が高くなる。また、マイホーム購入は中国男性が結婚するための必須条件と言われるほどだが、不動産バブルが収まりつつあるとはいえ北京の不動産価格は依然として中国でも最も高い水準にある。そこで住宅購入資金補助が支給されるのは願ってもないことである。

このように、起業家や企業にとって最適な環境と至れり尽くせりの優遇措置が、中関村サイエンスパークの最大の魅力となっているのである。

 

最大のサイエンスパークとそこで働く人々

 

この投稿をInstagramで見る

 

理斗(@rito_hirade)がシェアした投稿

市内16か所のサイエンスパークの中で最も歴史が長く繁栄しているのは、やはり元祖中関村を含む海淀園であろう。その中でもBaidu・Tencent・Sina・NetEase・Didi Chuxingなど、大手企業の拠点が集まっているのが、海淀園の北西部、元祖中関村から北西に13km、地下鉄・西二旗駅の所に位置する「中関村ソフトウェアパーク(中关村软件园)」である。

元祖中関村は北京大学と清華大学に隣接していることもあって若い起業家が多く、どちらかと言うと起業家や創業したばかりのスタートアップ向けのシェアオフィスやインキュベーション施設が多く集まっている。中関村のシンボルとも言うべきも元祖中関村にある。

一方で中関村ソフトウェアパークは、上述のような大手のほか、創業数年、社員数数十名というような拡大期にあるスタートアップが入居するオフィスビルが多い。元々このエリアは「北五環」(中心から四本目の幹線道路の北部)の外にある辺鄙なエリアであったが、ソフトウェアパークの建設・発展と共に巨大ユニコーン企業や新進気鋭スタートアップを擁する中関村の中枢とも言うべきエリアへと変貌を遂げた。

中関村サイエンスパークの様子(Souhuより)

 

中関村サイエンスパークの様子(公式HPより)

 

サイエンスパークで働く新進気鋭の若き戦士たちは「西二旗人(中国語の発音に似せてShelchierと読む)」と呼ばれる。そんな彼らの生活の一コマを紹介する。

将来有望なテクノロジー企業に務める彼らは、高い月収の割には質素な暮らしをしているので、「月収5万元(80万円)でも月収5000元(8万円)のような生活をしている」と揶揄されるほどである。

服装にこだわらない彼らは、AddidasやGap、ユニクロのカジュアルなパーカーに身を包み、大切な仕事道具であるPCを入れたリュックを背負い、通勤ラッシュで人で溢れかえる西二旗駅からシェア自転車に乗って会社に向かう。多忙を極める彼らはゆっくり食事を楽しむ暇もなく、パーク内の食堂やフードデリバリーで簡単に食事を済ませることが多い。残業も厭わず夜遅くまで働くこともしばしばで、夜11時でも残業帰りの会社員を狙ったタクシーがパークの外には多く停まっている。

通勤ラッシュ時の西二旗駅(網易財経より)

 

昼、食堂で簡易的な食事をする会社員たち(網易財経より)

 

至って質素な生活をしている彼らの夢は、貯金を貯めて北京にマイホームを買うことだ。平均的な水準に比べれば高い給料をもらっている彼らであるが、結婚に備え北京に70㎡ほどのマイホームを買うとなると、西二旗付近では500万元(8000万円)ほどかかるため、必死に働かなければならない。そんな中、たまにガジェットを買って楽しむのが彼らのささやかな趣味である。

シェア自転車に乗って帰路につく若者たち。

参考:另类北漂西二旗人:月薪5万却活得像月薪5千(网易财经)

 

総括

引用: Pixabay

かつての電気街からテクノロジー産業の集積地へと発展を遂げ、「中国のシリコンバレー」とも呼ばれる中関村は、今や中関村サイエンスパークとして北京市内の16か所に拡大している。起業家向けのシェアオフィスやインキュベーション施設が多く、北京市内に集まるトップスクールの研究成果の実用化を目指した産学連携も盛んである。政府の認定を受けた企業やそこで働く高度人材には、資金調達、税制、さらには戸籍の取得や子女の教育まで、あらゆる面で優遇が用意されている

中関村サイエンスパークの中でも、起業家が多い元祖中関村に対して、大手や拡大期にある企業の拠点が比較的多く集まるのが、元祖中関村の北西に位置する中関村サイエンスパークである。そこでは高給をもらいながらも夢を叶えるべく質素な暮らしをしている若き「西二旗人」たちが日々奮闘しており、中国のシリコンバレーの繁栄を支えているのである。

Leave a Reply